R アルパカ

My yesterdays

想いが導いた場所

この記事はラブライブ! Advent Calendar 2017 - Adventar21日目の記事です。

皆さんはラブライブ!楽曲で好きな歌詞はありますか?つい口ずさんでしまう歌詞はありますか?

ラブライブ!楽曲、特にその歌詞は作品側の気持ちだけでなく視聴者側もその曲に対して気持ちが込められるところが素敵だと思います。その曲その歌詞を聴くだけでアニメのワンシーンが浮かんだりライブの情景を思い出したり。僕たちのあの日あの時あの感動あの思いが短いワンフレーズに込められていますよね。

今回は僕にとって思い入れのある歌詞を5つほど紹介させていただきます。記事というよりただの感想になっておりますがお付き合いいただければ幸いです。

 

ゴールはどこ?どこだろう?わからない

わからない でもね楽しそうだよ

青空Jumping Heart

先の事はわからない、けれどポジティブに捉えていこう、明るい未来を目指そうと謳った歌詞なのかなと思います。自分の人生もゴールなんて分かりませんが楽しいものであってほしいというのはAqoursと同じですね。作品の行く末だけでなく自身についても考えさせられる点がとても好きです。個人的に2期のストーリーが進むにつれてこの歌詞のパンチ力が増していると感じます。

 

会いたいときに会いに行きたいPassion!
「Guilty Night,Guilty Kiss!」

何かをしたい気持ち、行動する理由にはPassionがあるからだと考えています。ライブに行くのは曲を聴きたいPassionがあるから、イベントに行くのは会いに行きたいPassionがあるから、記事を書くのは思いを伝えたいPassionがあるから。Passionが無ければ何も始まらない。真理だなと思います。「愛」の文字を掛けている所も好きですね。

 

ヒカリになろう ミライを照らしたい

MIRAI TICKET

ここまで印象的なフレーズで始まる曲も中々ないですね。落ち着いたピアノの旋律、ストリングスからAqours9人の力強い歌声は1期13話、そして1stライブ終盤を一瞬で呼び起こさせてくれます。輝きに憧れ、輝きを目指したAqoursが照らしたいミライとは。その答えを2期で示そうとしてるのでしょうね。とても好きな歌詞です。ヒカリになろう。

 

ただの思い出 それだけじゃいやだよ

精一杯 力の限り走るんだ

それは僕たちの奇跡

楽しかった時間、最高の一時は過ぎてしまえば思い出に変わります。ですが思い出で終わらせるのではなく力に変えて進もうというメッセージ。これはμ'sだけでなく僕らに向けての言葉でもあるのかなと思います。ライブの思い出、作品の思い出を胸に日々を頑張ろうと改めて実感しますね。ここが3年生パートである点もさらに気持ちが込められて素敵だなと思います。

 

それぞれが好きなことで頑張れるなら

新しい場所がゴールだね

僕らは今のなかで

この曲に心を動かされた、救われた人も少なくないのではないでしょうか。 僕もその一人です。僕にとってラブライブ!始まりの曲であり、僕のラブライブ!はいつだってこの曲と共にありました。これからもそうであると思っています。とりわけこのサビのフレーズはまだ先がわからないラブライブ!を、そしてこれからの人生を歩んでいく自分にとっても支えになってくれる歌詞だと思い挙げさせていただきました。

余談ですがラブライブ!サンシャイン!!のキャストオーディション課題曲がこの曲であるという事が嬉しく思いますね。

 

同じ曲同じ歌詞であっても人によって込められた思いが違うというのが音楽の素敵なところなのかなと。特にラブライブ!は多方面で展開しているので尚更十人十色が強く表れますね。同じ曲が流れたとしても同じフレーズを聴いたとしてもその人の境遇、環境によって様々な捉え方がされ、一つとして同じ思いはないのかもしれません。ですが時にそれは一つの"想い"となり、とてつもないパワーを持つことがあります。僕がラブライブ!に魅了される所以はそこにあるのかなと最近改めて思うようになりました。その曲その歌詞に対する自分だけの思いを各々持っていただき、それを尊重できる世界であってほしいなと思います。

最後に現在放送中ラブライブ!サンシャイン!!2期から僕の好きな歌詞でお別れしたいと思います。ここまでお付き合いいただきありがとうございました。それでは。

 

やり残したことなどない

そう言いたいね いつの日にか

そこまではまだ遠いよ だから僕らはがんばって挑戦だよね

勇気はどこに?君の胸に!